トピックス 2013年9月号


「エムケーシー経営者だより」
リスクマネジメントシリーズ(362)
「マイナンバー制度が実施されます」

  「社会保障」や「税に関わる番号制度」の導入が、前国会で決定されています。韓国ではすでに実施されています。我が国も平成28年度より、このマイナンバー制度が活用される予定です。
平成27年に、市町村長から本人に通知され、平成28年から「番号を記載したカード」が市町村窓口から配布されます。
 この制度の目的は、政府として「行政手続の簡素」「社会保障等の自己情報の閲覧」「確定申告の利便性の向上」「公平・正確な税負担の実現」が目的とされています。
 しかし、上記のように利便性がありますが、個人情報の漏れの防止等が、実際に図ることができるか、問題点も多く存在します。本人確認手法は、イータックスの方法を踏襲しますが、老人等にはどのように対処するのか、個人情報保護の問題があると思います。以下の図の通り、実施される予定ですので、参考にしてください。